2019年1月に東京から銀山温泉に行ってきました!服装やお得な予約・アクセス方法、見どころや滞在時間をご紹介します。

夜の銀山温泉ツアーに参加

旅館では夜の銀山温泉ツアーを約30分で行っています(宿泊料に含まれています)。
旅館から銀山温泉までは歩いて約5分ですが、急な坂道と夜道が危険なため、マイクロバスで送迎してくれます。
バスを降りると昼とはまた異なった銀山温泉が目の前に広がります。
銀山温泉35

は無料の足湯「和楽足湯」からの光景です。
足湯から立ち上る湯気が辺りの風景を一層幻想的にしていますね。
銀山温泉36

旅館からの光が雪と温泉街を彩ります。
銀山温泉37

夜の「古山閣」の鏝絵もライトアップされていて素敵ですね♪
銀山温泉38

橋にかかるつららも幻想的ですね♪
大正ロマン漂う温泉街は「家並み保存条例」が制定され、昔の姿を現在に伝えています。
銀山温泉39

能登屋の大看板「木戸佐左エ門」もライトアップされています。銀山温泉41

能登屋正面から見るとまるで「千と千尋の世界」に迷い込んだよう。。
銀山温泉42

しんと静まり返っており、どこを見ても大正ロマンが漂う光景が広がっていました。
銀山温泉は昼も素敵ですが、夜の光景も幻想的で素敵ですので必見です。
銀山温泉44

朝の銀山温泉の景色や温泉もおすすめ

気持ちの良い朝日で目が覚めました。
旅館の露天風呂もとても素敵で、写真のような景色を見ながら温泉に入れますのでとてもおすすめです。
銀山温泉46

帰りは旅館のチェックアウトが10時送迎バスが9時50分発なので、それに乗って大石田駅まで向かいました。
大石田駅から電車に乗りましたが、電車が凍るほど寒く、東京に着いた際は東京に寒波が来てたにもかかわらず暖かく感じました。。
銀山温泉50

おわりに

銀山温泉に1泊2日で東京から旅行してみて、東京と山形の銀山温泉周辺の体感温度は全く違います。
防寒帽子、手袋、長靴は必須です。
銀山温泉の最寄り駅「大石田駅」から銀山温泉まではバスやタクシーもありますが、おすすめは宿泊する旅館の送迎バスです。
銀山温泉街はコンパクトで30分もあれば散策が完了します。
昼の銀山温泉も素敵ですが、夜の方が大正ロマンが感じられる幻想的な光景になりますので、夜の散策もおすすめします。
大正ロマンあふれる銀山温泉に是非一度訪れてみてはいかがでしょうか。

銀山温泉(ぎんざんおんせん)
場所山形県尾花沢市銀山新畑地内
宿泊施設滝と蕎麦の宿 瀧見館
交通JR東京駅から大石田駅まで新幹線利用で約3時間30分、大石田駅から銀山温泉までバスで約30分