秋芳洞(あきよしどう)へ行ってきました!おすすめの宿・割引情報・ルートや所要時間をご紹介します

秋芳洞9
2018年5月5日(土)に山口県美祢市秋芳町にある人気定番観光スポット「秋芳洞(あきよしどう)」にいってきました!
秋芳洞は秋吉台の地下にある日本最大級の洞窟で、総延長は約8キロ、その内観光路として約1キロ散策することができます
洞内の気温は四季を通じて約17度と一定で、どの季節に訪れても観光できる人気スポットです。

秋芳洞の入り口「秋芳洞正面入口」中間地点「エレベーター入口」「秋芳洞黒谷入口」3か所あります。
秋芳洞正面入口から秋芳洞黒谷入口へ向かうルートが上りコース、逆が下りコースになります。

今回旅行に際して宿泊施設について、入洞料の割引について、どの入口からまわればよいか駐車場の料金について調べ、地元の方にも詳しく聞けたのでご紹介します。

秋芳洞所要時間ですが、写真を撮る為足を何度か止め、ゆっくり散策した場合約1時間でした。

スポンサーリンク

秋芳洞付近の宿泊施設・入洞料の割引について

今回秋芳洞・秋吉台にアクセスがよい秋芳ロイヤルホテル秋芳館に宿泊しました。
秋芳洞・秋吉台を旅行する場合、アクセスが非常にしやすくおすすめのホテルです。

理由は、

1.ホテルから秋吉台が見えます(秋吉台展望台まで歩いて約5分で行けます)
2.秋芳洞の入り口までバスで送ってくれます(8:30、9:00、9:30の無料バスがあります)
3.秋芳洞の入洞料金割引チケットがもらえます(大人料金1200円が1000円になります)

こちらが「秋芳ロイヤルホテル秋芳館」です。
宿泊者には無料駐車場が用意されており、午前中にチェックアウトを済ませ、バスで秋芳洞正面入り口から散策を開始し、戻ってくるまで車を駐車させてくれます。
秋芳洞32

宿泊する部屋からは絶景が広がっています。
秋芳洞34

宿泊部屋からの風景です。
部屋から秋吉台が見えるのでとても満足しました!
秋芳洞33

どの入口からまわればよいか、地元の方のおすすめは?

「秋芳ロイヤルホテル秋芳館」に宿泊していない場合

地元の方のお話によると、駐車場やお土産売り場が充実している正面入口からまわる上りコースがおすすめで、「秋芳洞正面入口」に駐車(有料)し、「秋芳洞黒谷入口」でバスかタクシーで元の場所へ戻るルートがよいとのことです。

「秋芳ロイヤルホテル秋芳館」に宿泊している場合

秋芳ロイヤルホテル秋芳館」に宿泊している場合、ホテルの無料駐車場に止め、無料バスで「秋芳洞正面入口」まで送ってもらい、上りコース「秋芳洞正面入口」から「秋芳洞黒谷入口」まで散策し、そこから中間地点「エレベーター入口」まで洞内を約10分かけて下り、そこから地上に出て、ホテルまで約5分歩いて戻ります。
駐車場代がかからないこと、「秋芳洞黒谷入口」からバスまたはタクシー代が発生しない為、かなりお得で効率よく散策できます

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする