世界遺産 お墓の守護はユニークな表情の3匹の獅子・荘厳な石積みは見ごたえがある!玉陵(たまうどぅん)

玉陵8
2016年4月19日(火)に沖縄県那覇市金城町にある玉陵(たまうどぅん)にいってきました。

玉陵は、尚円王を始祖とて、成化6年(1469年)から光緒5年(1879年)までの410年間琉球王国を治めた第二尚氏(だいにしょうし)王統歴代のお墓です。

玉陵の創建は、第3代尚真王(しょうしんおう)が、父である尚円王(しょうえんおう)の遺骨を「見上げ森(ミアギムーイ)」から改葬する1501年に創建しました。

玉陵の周囲は自然の崖を掘り出した石垣で囲まれており、墓室は自然の崖壁に3つの穴を連続してあけて「東室・中室・西室」が造られています。
それぞれの墓室は役割が決まっており、東室は洗骨後の王と王妃の遺骨、中室は洗骨までの遺体を、西室にはその他の家族の遺骨が安置されるのに使用されました。
墓室の前には、鳥獣花などを彫った石欄(せきらん)が取り付けられています。

沖縄戦で東室・西室が破壊される等大きな被害を受けましたが、昭和52年(1977年)に復元されました。
平成12年(2000年)には「首里城跡」として他のグスクと共に世界遺産「琉球王国のグスク及び関連遺産群」に登録されました。

玉陵所要時間ですが、ゆっくり資料展示室も見学した場合で約1時間でした。

スポンサーリンク

玉陵へのアクセス

電車でアクセス

・ゆいれーる「首里駅」から約1.3キロメートル・徒歩約15分

駐車場情報

首里城の「首里杜館」に普通車が約100台駐車できる有料駐車場があるのでそちらに駐車します。
訪れた時は半分ほど空いていましたので駐車しやすかったです
駐車料金は1回320円でした。

玉陵見学

世界遺産の玉陵入り口です。
こちらの道を道を進むと券売所と資料展示室がある「奉円館(ほうえんかん)」があります。
玉陵1

「奉円館」で入園受付をします。
玉陵の入園時間午前9時から午後6時観覧料大人300円、子ども150円です。
ガイドブックや資料室があり、玉陵の観覧前後のどちらでも見ることが出来ます。
資料室は玉陵を理解するのに最適な展示物が並んでおり、お墓内部のミニチュアはわかりやすくて良かったです。
玉陵2

両側のガジュマルの木々をくぐりながら進みます。
正面の建物は「東の御番所(あがりぬうばんじゅ)」と呼ばれるお墓を守る番人の番所です。
右側には石垣があり、そちらの門を通った先に玉陵があります。
玉陵4

東の御番所の内部には過去の写真や展示物が並んでいます。
琉球王国時代にお墓参りに来た王様もこちらで休憩しました。
玉陵6

玉陵外郭にある石積みの石垣です。
門のまわりの石積みは「布積み」と呼ばれる、石の面を直方体に加工してブロック状に積み上げる積み方ですね。
手前の石垣は、「相方積み」と呼ばれる石の面を多角形に加工し、互いにかみ合うように積み上げる積み方がされています。
玉陵5

外郭の門をくぐると広場のような場所にでます。
こちらの場所には弘治14(1501年)に建てられた、玉陵に葬られるべき人の名が刻まれた「玉陵碑」があります。玉陵10

こちらの場所が玉陵全体を見渡すには一番良いスポットだと思います。
奥に見える墓室は自然の崖壁から造られました
白い珊瑚の砂が美しい広場です。
玉陵11

門をくぐり玉陵内郭へと進みます。
高さが低いので頭上に注意が必要です。
玉陵12

玉陵陵墓で、「東室・中室・西室」3つに分かれています。
写真左が「東室」、右が「中室」です。
東室は洗骨後の王と王妃の遺骨が安置され、中室は洗骨までの遺体が安置される場所です。
玉陵17

こちらは西室で、その他の家族の遺骨が安置されるのに使用される場所です。
玉陵15

墓室の前には、鳥獣花などを彫った石欄(せきらん)が取り付けられいます。
石欄の上には小さなシーサーが悪いものから玉陵を守っていました。
玉陵18

玉陵の獅子はとってもユニーク

玉陵にはユニークな3種類の獅子が設置されています。
玉陵が創建された1501年に一緒に造られたとされています。
こちらの獅子は子供を抱いており、少し困ったようなあやしているような表情がいいですね♪
玉陵13

こちらの獅子は紐をくわえて遊んでいるのでしょうか。
ずんぐりむっくりした体と必死な表情がかわいいですね♪
玉陵16

こちらの獅子は一転きりっと天に向かって吠えているような造形です。
正面を向いていないのが特徴的な獅子です、顔を見てみたいですね!
玉陵20

おわりに

玉陵を見学してみて、ユニークな3匹の獅子や、荘厳な石造りの玉陵は見ごたえがあります。
世界遺産に指定されていますが、首里城から少し離れていることから観光客もほとんどおらず、ゆっくり自分のペースでみることができました。
資料室は理解しやすい展示構成で、特にお墓内部のミニチュアは理解に役立つので是非見てみてください。
観光スポットの「首里城」や「首里金城町石畳道」と一緒に是非訪れたい場所でおすすめします。

玉陵(たまうどぅん)
住所 沖縄県那覇市金城町1-3
電話番号 098-885-2861
営業時間 9:00~18:00
定休日 年中無休
入館料
(共通券)
大人300円
小人(中学生以下)150円
駐車場 首里城「首里杜館」に普通車100台駐車
できる1回320円の有料駐車場あり

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする