日本100名城 神奈川県 小田原城

2014年3月21日に日本100名城23番、小田原城に行ってきました。
小田原城は15世紀中頃に大森氏が築いた山城が前身で、後北条氏の居城として有名です。
ちなみに私は北条氏康が大好きです!

正面入り口より入り、馬屋曲輪(くるわ)を通ると、銅門(あかがねもん)のが見えてきます。
銅門は、馬屋曲輪(くるわ)から二の丸に通じる位置にあり二の丸正面にあたります。
平成9年に復元されたそうです。
小田原城1
小田原城2

小田原城天守閣までの道は階段があり、急勾配ですので歩きやすい服装が良いと思います。
小田原城3

常盤木門(ときわぎもん)です。
小田原城本丸の正門にあたり、最も大きく堅固に造られていたそうです。
昭和46年に復興されました。
小田原城4

本丸から天守閣をのぞむの写真です。
天守閣は江戸時代に作られた雛形や引き図を元に復元され、3重4階の天主に付櫓、渡櫓があります。
とても美しくほれぼれします。。
小田原城5

天守閣登場口です。
ここの階段はかなりの急勾配ですので注意が必要です!
小田原城6

先が天守閣入り口になります、小田原城天守閣の入場料は410円でした。
入場場所に100名城のスタンプがありますのでここでスタンプを押して天守閣内部を見学します。
天守閣内部には、甲冑・刀剣・絵図・古文書など小田原の歴史や武家文化についての展示がありました。
小田原城7

天守閣最上階からの眺望です。
小田原城8

大変見晴らしよく、三浦半島が確認できます。
小田原城9

箱根も見渡せます。
小田原城10

石垣山一夜城も確認できます。
石垣山は本来、笠懸山と呼ばれていましたが、1590年豊臣秀吉が北条氏を水陸15万の大軍で包囲した本陣として総石垣の城を築いたことから石垣山と呼ばれるようになったそうです。
小田原城11

天守閣ではすずめがくつろいでいました(笑)
小田原城12

小田原城は江戸時代に作られた図を元に造られており、城全体を歩いて見て楽しめると思います。
天守閣内の展示物を見るだけでも1時間はかかるとおもいます。
小田原城は戦国時代最大といわれる規模を誇っており、総構(そうがまえ)の総延長は約9kmに渡ります。
小峯御鐘ノ台大堀切や早川口遺構など現在でも面影が残っており、次回来訪時はゆっくり歩いてまわりたいと思います!

※2015/11/7現在 小田原城は、耐震改修工事及び展示リニューアルのため、休館しているそうです。期間は2016年4月下旬までで詳しくはこちらをご確認下さい。

■場所:神奈川県小田原市城内6-1
■交通
【電車】
JR東海道本線・東海道新幹線・小田急小田原線小田原駅から徒歩約10分
■入園料
【天守閣単独券】大人410円 小中学生150円
■営業:12月第2水曜日、12月31日~1月1日を除き営業。
営業時間は午前9時~午後5時(入園は午後4時30分まで)時期により変動あり。
■スタンプ設置場所
天守閣1階

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする