栃木県の紅葉絶景スポット「紅の吊橋」に行ってきました!紅葉の見頃や見どころスポットをご紹介します

紅の吊り橋4
2019年11月23日(土)に栃木県那須塩原市箒川渓谷にあり栃木県の紅葉絶景スポットして有名な「紅の吊橋(くれないのつりばし)」にいってきました。

紅の吊橋」は歴史の展示、カフェやお土産売り場が併設されている「塩原もの語り館」から箒川にかかる吊橋のことで平成15年(2003年)に完成しました。
吊橋の名前は燃え上がるような渓谷の真っ赤な紅葉が吊橋から見られることからつけられました。
紅葉の見頃は例年10月下旬から11月中旬ですが、2019年は紅葉が遅れていたことから11月下旬に観光に行きました。

今回「紅の吊橋」に実際に行ってきましたので紅葉の見頃や、駐車場混雑状況をご紹介したいと思います。

紅の吊橋所要時間ですが、ゆっくり見学した場合で約30分でした。

「紅の吊橋」へのアクセス・駐車場

交通機関を利用

・会津鬼怒川線「上三依塩原温泉口駅」下車⇒ゆーばす塩原・上三依線「上三依塩原温泉口駅」乗車・25分⇒「追沢橋」下車⇒紅の吊橋まで550m・徒歩約6分
・JR線「那須塩原駅」下車⇒JRバス「那須塩原駅」乗車・65分⇒「塩原門前」下車⇒紅の吊橋まで400m・徒歩約5分

自動車を利用

・カーナビにMAPCODE548 188 263*63」を入力

駐車場

紅の吊橋」には「塩原もの語り館」に約20台駐車可能無料駐車場があります。
土曜日の14時位に訪れた際、駐車場の空きスペースはなく駐車場待ちの車が2台ありました。
駐車場待ち時間が発生するかもしれませんが、観光客の滞在時間が比較的短いため思ったよりはやく駐車場に入れます

「紅の吊橋」の見どころ・おすすめスポット

紅の吊橋」は「塩原もの語り館」から塩原渓谷を流れる箒川にかかっている橋です。
対岸にある春に行われるぼたん祭りが有名な「妙雲寺」と結ぶため平成15年(2003年)に架けられました。
紅の吊り橋3

「紅の吊橋」の紅葉の見頃

紅葉の見頃10月下旬~11月上旬です。
2019年は紅葉が色づくのが遅れていたので11月中旬過ぎに行きましたが結構落葉していました。
紅葉が遅れている場合でも11月中旬頃に訪れるのがおすすめです。
観光客は写真の通りあまりおらず、写真撮影も思い思いの場所で撮ることができました。
紅の吊り橋7

箒川渓谷の木々の鮮やかさはまるで絵画のよう

箒川向こうの渓谷の山の木々は赤や黄色、黄緑といった色鮮やかな葉っぱに彩られていました。
まるで一枚の絵画のようで見ごたえがあります。
この辺りは那須塩原市内の中心部になりますが、街の中心部でこれほど素晴らしい紅葉がみれるのは素敵ですね♪
写真真ん中の建物は「もみじの湯」と呼ばれる混浴の温泉です。
入場料は100円で、露天風呂からは絶景の紅葉が見えますが、上方には渓谷の遊歩道があり、結構人目もあるので入るのは勇気がいると思います。
紅の吊り橋5

「紅の吊橋」の全長は52.5m、幅は1.5mで歩いている間は箒川の景色や渓谷の紅葉を楽しめます。
紅の吊り橋10

「紅の吊橋」と紅葉のおすすめ撮影スポット

橋を渡りきる手前が一番紅葉が美しかったです。
こちらで写真撮影されているかたも多く絶好の撮影スポットだと思います。
紅の吊り橋13

吊橋を渡ってすぐのところに川岸まで降りれるところがあります。
紅の吊り橋9

こちらから降りて、真っ赤な紅葉と「紅の吊橋」をバックに写真を撮影するのもおすすめですよ!
紅の吊り橋15

落葉した敷き紅葉も風情あり

紅葉のピークは過ぎていましたが、落葉した紅葉が川岸に敷き紅葉となっており素敵な景色を堪能することができました♪
紅の吊り橋12

遊歩道を歩きながら紅葉のトンネルをくぐる

渓谷沿いには遊歩道が整備されていますので様々に色付いた木々の間を快適に歩くことができます。
紅の吊り橋14
紅の吊り橋16

遊歩道をしばらく歩くと塩原街道の橋に到着します。
前方に見えるのが「紅の吊橋」です。
紅の吊り橋17

塩原名瀑のひとつ「七弦の滝」

塩原街道の橋からは塩原名瀑のひとつ「七弦の滝」を見ることが出来ます。
「ホテルニュー塩原」の真下から滝が流れており不思議な光景でした。
滝が「琴の弦」のように7筋となって流れ落ちているように見えることからこのように呼ばれています。
塩原街道の橋を渡り、遊歩道沿いを歩いて「塩原もの語り館」へと戻ります。
紅の吊り橋18

おわりに

紅の吊橋」に11月23日(土)に観光してみて紅葉のピークは過ぎていましたが、吊橋から見る渓谷の紅葉はとても素晴らしかったです。
紅葉の見頃10月下旬から11月中旬頃までで、紅葉が遅れていても11月中旬までに行くことをおすすめします。
紅葉のピークが過ぎた後は落葉した紅葉が川岸に敷き紅葉を作っており風情ある景色を楽しむことが出来ます。
駐車場は無料ですが駐車可能台数が20台と少なく混雑しますが、観光の滞在時間が短いので思ったより早く駐車場に駐車できると思います。
那須塩原の街の中心部にありながら紅葉の絶景が楽しめる「紅の吊橋」に是非一度訪れて見てはいかがでしょうか。

近くにあるおすすめの観光地

近くには「月待の滝」「袋田の滝」「龍門の滝」「太平寺」「竜神大吊橋」「花貫渓谷」がありますのであわせて観光してみてはいかがでしょうか。

紅の吊橋(ひらがな)
住所那須塩原市塩原字古町
電話番号0287-32-2914(塩原支所産業観光建設課観光商工係)
営業時間終日可能
休日年中無休
入園料無料
アクセス■電車の場合
・会津鬼怒川線「上三依塩原温泉口駅」下車⇒ゆーばす塩原・上三依線「上三依塩原温泉口駅」乗車・25分⇒「追沢橋」下車⇒紅の吊橋まで550m・徒歩約6分
・JR線「那須塩原駅」下車⇒JRバス「那須塩原駅」乗車・65分⇒「塩原門前」下車⇒紅の吊橋まで400m・徒歩約5分
■自動車の場合
カーナビにMAPCODE「548 188 263*63」を入力
駐車場「塩原もの語り館」に約20台駐車可能な無料駐車場があり