岐阜県 金運・財運アップのパワースポット!月一回限定の金の御朱印が大人気!金神社(こがねじんじゃ)

金神社13
2017年12月29日(金)に岐阜県岐阜市にある金神社(こがねじんじゃ)にいってきました。
金神社の歴史は約1900年あり、古来より金運・財運アップのパワースポットとして有名な神社です。
最近では毎月最終金曜日のプレミアムフライデー限定の御朱印も大人気で境内の外まで行列ができています。
今回参拝してきましたので行列の待ち時間や状況境内の見どころをご紹介いたします。

金神社所要時間ですが、境内の参詣時間約20分
プレミアムフライデー限定御朱印に並び、御朱印をいただけるまで約1時間30分で、
合計1時間50分かかりました

スポンサーリンク

歴史・概要

創建は成務天皇5年(135年)、「物部臣賀夫良命(もののべのおみかぶらのみこと)」が国府をこの地に定め、金大神を篤く崇敬して創建されたと伝わっています。

ご祭神は、主祭神を「渟熨斗姫命(ぬのしひめのみこと)」とし、「市隼雄命(いちはやおのみこと)」、「五十瓊敷入彦命(いにしきいりひこのみこと)」、「日葉酢姫命(ひばすひめのみこと)」が祀られています。

主祭神「渟熨斗姫命」は、伊奈波神社の主祭神「五十瓊敷入彦命」の妃でした。
五十瓊敷入彦命は朝廷の命により奥州を平定しましたが、その成功を妬んだ陸奥守豊益が朝廷に謀反を企んでいると報告した為、朝廷の敵とされこの地で討たれました。
妃である「渟熨斗姫命」は夫の御霊を慰霊しながら、私財を投じて町の発展に寄与し、岐阜の街の基盤をつくりました。
このことから財をもたらす神様と信仰されるようになり、金大神(こがねのおおかみ)と称され祀られています。

ご利益金運・財運・諸願成就等の御神徳があります。

金神社は岐阜の金運・財運アップのパワースポットとして有名です。
毎月最終金曜日プレミアムフライデー限定の御朱印も大変人気があります。
毎月9日と年末年始には境内で骨董市も開催されています。

金神社へのアクセス

電車でアクセス

・名鉄線「岐阜駅」下車、約850メートル・徒歩約10分。
・JR線「岐阜駅」下車、約900メートル・徒歩約12分。

駐車場・料金情報

金神社横には自働車が20台程度駐車可能無料の駐車場があります。
神社西側の平和通り(金華橋通)からしか境内に入ることができませんのでご注意ください。
駐車場はほぼ満車でしたが、回転がはやく出入りが頻繁にありましたのでそれほど待たずに入れると思います。

金神社の見どころ

金神社の見どころは以下の通りになります。

・境内入口の幸せが舞い込む「金大鳥居」
・朱色の美しい社殿

・金運アップのご利益がある境内社「金祥稲荷神社」「金高椅神社」

金神社参拝

限定御朱印の待ち時間は1時間30分

金神社に到着したのが14時30分ですが、すでに境内の外まで御朱印をもとめて行列がのびています。
参拝をしっかり先に済ませてから行列に並びます。
金神社14

30分程度待つと金大鳥居の前までやってきました。
金色の鳥居は全国でもとても珍しく、金色の鳥居と朱色の社殿は運気をアップさせてくれそうですね♪
金神社12

大鳥居から30分程並んでいると社殿の前まで来ました。金神社11

社殿前から30分過ぎた頃プレミアムフライデー限定の御朱印をいただく事ができました
限定御朱印の行列に並び始めて約1時間30分で御朱印をいただくことができました。
さらに行列が並ぶ場合もあり、2時間~2時間30分位になることもあるそうです。
金神社3

こちらが金神社の御朱印です。
通常御朱印の文字は黒文字ですが、プレミアムフライデーの時は御朱印の「金神社」の文字が金色になります

金神社16
出典:金神社公式HP

金運アップのお守り

社務所では金運をアップさせてくれるおすすめのお守りがあります。
こちらの金神社オリジナルの「こがね守」はご利益があると人気で参拝したら授与されることをおすすめします!
2種類ありそれぞれ初穂料は1000円になります。

金神社17
出典:金神社公式HP

平成27年12月から授与が始まった「しあわせ守」(初穂料1000円)もおすすめ!
金大鳥居から幸せが舞い込んで来ることを祈願して授与していただきました♪

金神社1
出典:金神社公式HP

金運アップのご利益がある境内社「金祥稲荷神社」「金高椅神社」

境内社の「金祥稲荷神社」は、古来より金運と商売繁盛の御神徳がある神様として深い信仰と崇敬をあつめており、金運アップのパワースポットになっています。
金祥とは財宝(お金)を生み給うて、その御恵をお与え下さることを祥ぶ(よろこぶ)という意味です。
こちらもしっかりと参拝してきました!
金神社4

社殿奥にある「金高椅神社(こがねたかはしじんじゃ)」運気アップのパワースポットです。
金祥稲荷神社側の石の鳥居を通って奥へ進みます。
金神社5

社殿に沿って奥に進みます。
金神社9

こちらが奥から金神社を見たところです。
立派な朱色の本殿を確認することができますね。
金神社8

本殿の向かいに「金高椅神社」があります。
料理の技術向上と商売繁盛にご利益がある神様で、こちらも参拝することをおすすめします!
金神社6

おわりに

金神社に参拝してみてプレミアムフライデー限定の御朱印は大変人気があり、行列に並び始め授与していただくまでに1時間30分かかりました。
境内には幸せが舞い込むとされる「金大鳥居」、境内社で金運アップのパワースポット「金祥稲荷神社」「金高椅神社」がありますので忘れず参拝しましょう!
参拝後は幸せを呼び込むお守り「しあわせ守」や、金神社限定「こがね守」がおすすめです!
古来から金運アップのパワースポットとして有名な金神社に是非一度参拝してみてはいかがでしょうか。

金神社(こがねじんじゃ)
場所 岐阜県岐阜市金町5-3
電話 058-262-1316
休日 無休
拝観料 無料
参拝時間 24時間参拝可能
駐車場 無料の駐車場あり、普通自動車20台程度駐車可能。
交通 ・名鉄線「岐阜駅」下車、約850メートル・徒歩約10分。
・JR線「岐阜駅」下車、約900メートル・徒歩約12分。