東京都渋谷区 勝利の神様 東郷神社(とうごうじんじゃ)

2016年2月13日に東京都渋谷区にある、東郷神社(とうごうじんじゃ)に行ってきました。

東京都渋谷区東郷神社日露戦争でロシアのバルチック艦隊を破ったことで有名な東郷平八郎(とうごうへいはちろう)が祀られています。

1937年に9月に地鎮祭、1940年に御鎮座祭が行われ、東郷神社が創建されました。
当初の東郷神社は、ケヤキと檜の神明造檜皮葺で造られていました。

しかし、1945年の東京大空襲で焼失し、現在の社殿は1964年に神明造で、鉄筋コンクリート平屋建て再建されました。

東郷神社見どころは、神池、社殿で、竹下通りから約1分通りから外れたところにあるのですが、喧騒は全くなく、静寂で厳かな空気に満ちています。

東郷神社はロシアのバルチック艦隊を破った東郷平八郎が祀られていることから勝利の神様として有名で、勝負運アップや試験に勝つ(合格)のご利益があります。

東郷神社
は、JR原宿駅から約600メートル、徒歩約7分で到着します。

今回ゆっくり参拝して、所要時間は約40分でした。

スポンサーリンク

東郷神社拝観

東郷神社の表参道入口です。
竹下通りから約1分歩いたところにありますが、人もまばらで、神社には厳かな雰囲気が流れていました。
東郷神社1

緑が多く、神聖な場所に包まれている感じがします。
参道に続く、東郷神社ののぼりも独特の雰囲気がありました。
東郷神社3

神池で、奥に見えるのは東郷記念館です。
神池は池や梅の美しさも素晴らしいですが、奥に見える豊かな緑が美しい池だと感じました。
東郷記念館では結婚式場や披露宴会場として使用されており、当日も東郷神社で結婚式をあげられて、東郷記念館に入っていかれる方がおられました。
東郷神社2

神池には鳥居がありますが、この鳥居は元々は海軍用地の水交神社の鳥居でした。
鳥居は関東大震災、東京大空襲の災禍を免れ、東郷神社に奉納され、今も色々な方がこの鳥居をくぐっています。
大きな災禍をくぐり抜けた鳥居は大きなご利益がきっとあると思いますので、くぐることをおすすめします!
東郷神社4

更に進んで石段を登ると東郷神社の手水舎が見えてきます。
狛犬はシンガポールのマーライオンを連想するような造詣です。
東郷神社5

手水舎でしっかり清めてから社殿へと向かいます。
東郷神社6

手水舎から見たところです。
奥に見える神門をくぐって社殿へ向かいます。
緑が多くて、高い建物もなく、静寂で、原宿の竹下通りの近くにこのような場所があることに驚きました。
東郷神社7

社殿です、両端には狛犬が悪い気から神社を守っています。
奥行きより幅が広い神明造の特徴をもった社殿です。
明治時代以降は神明造の社殿が流行し、東郷神社も神明造となっています。
まわりを緑に囲まれていて、よい空気が満ちている感じがしました。
東郷神社8

東郷神社は2月14日に訪れましたが、美しい梅が社殿に華を添えていました。
東郷神社9

東郷神社で販売されているお守りの中でも「百発百中守」は一押しです!
理由は東郷神社は勝利の神様で、宝くじやロト6で勝つ(当たる)ことに非常にご利益があるからです!
宝くじやロト6等、金運アップを向上させたい方は、皆中稲荷神社(かいちゅういなりじんじゃ)もおすすめです!
東郷神社10

東郷神社には、特年兵碑潜水艦碑があります。
こちらは特年兵碑で、碑裏面に特年兵や碑ができた経緯についてかかれていました。
東郷神社11

こちらは、潜水艦碑です。
石碑の前に魚雷の模型がありますが、実物はもっと大きいそうで、驚きました。
東郷神社12

東郷神社まとめ

東郷神社東郷平八郎が祀られており、勝利の神様として、勝ちたい時にご利益があります。
私は今度資格の試験を受験する時や、宝くじを購入する際お参りしようと思いました。

神池も美しく、神池にある鳥居は関東大震災や東京大空襲の2度の大災禍を免れた鳥居で、鳥居をくぐると厄除けなどのご利益があると思います。

東郷神社は原宿の竹下通りから約1分、小道を入ると別世界のような静寂と緑に包まれていてとてもリラックスできる空間でした。
原宿を訪れた際は是非行ってみてはいかがでしょうか♪

場所 東京都渋谷区神宮前1-5-3
電話番号 03-3403-3591
拝観料 境内無料
拝観時間 4月~10月
6時00分~17時00分
11月~3月
6時30分~※17時00分
※正月は18時00分まで
拝観日 無休
交通 JR原宿駅から徒歩約7分

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする