都会のオアシス 緑豊かな縁結びのパワースポット 赤坂 氷川神社

2016年1月24日に東京都港区にある氷川神社(ひかわじんじゃ)に行ってきました。

東京都千代田区の氷川神社厄除け・商売繁盛のご利益もありますが、良縁・縁結びのパワースポットとして有名です。

ご祭神の素盞嗚尊(すさのおのみこと)ヤマタノオロチのいけにえになりそうだった奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)の為、ヤマタノオロチを退治し、結ばれたことから良縁・縁結びのパワースポットとされています。

ご祭神は3神おられ、あと大己貴命 (おおなむぢのみこと)がおられます。
大己貴命は別名、大国主命と呼ばれ、商売繁盛のご利益があります。

氷川神社の見どころは、本殿、西行稲荷神社、四合(しあわせ)稲荷神社、大銀杏、造詣が美しい狛犬が見どころとなっています。

氷川神社
は、電車東京メトロ千代田線5b出口から徒歩約8分で到着します。
氷川神社までのアクセスで少し迷いましたので詳しく説明します。

今回ゆっくり参拝して所要時間は約40分でした。

スポンサーリンク

氷川神社の概要

氷川神社は951年に現在の赤坂四丁目のあたりに創建されました。
ご祭神は素盞嗚尊(すさのおのみこと)、奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)、大己貴命 (おおなむぢのみこと)の3祭神です。
1730年、江戸時代に徳川8代将軍徳川吉宗によって、現在の港区赤坂に現社殿を造営し、赤坂四丁目のあたりから遷宮しました。
社殿は現在も現存しており、東京有形文化財に指定されています。
東京十社巡りの一つにも指定されています。

氷川神社へのアクセス

電車の場合、東京メトロ千代田線5b出口から徒歩約8分到着します。

5b出口から出たところです。
TBSの赤坂サカスが見えますが、赤坂サカスと反対の方へ向かって歩きます。
奥に見える黄色いドラッグストアの看板が目印です。
赤坂氷川神社1

赤坂サカスです。
まわりも高層ビルや繁華街があって大変にぎわっていて、大都会でした!
赤坂氷川神社25

黄色いドラッグストアの看板のところで右に曲がります。
赤坂氷川神社2

約300メートル位歩いたところで左折します。
写真T字路になっているところで左に曲がります。
赤坂氷川神社3

なだらかな坂になっていますので、突き当りまで進みます。
約300メートル位あります。
突き当たりのT字路付近赤坂氷川神社の入口があります。
赤坂氷川神社4

赤坂氷川神社の入口です。
街中に突如豊か緑と、境内へと続く石畳の道が見えてきます。
赤坂氷川神社5

赤坂氷川神社参拝

先ほどの入口を入ったところです。
立派な2匹の狛犬が迎えてくれます、悪いものから神社を守り続けています!
右の狛犬の頭に木が当たっています。。相当昔から狛犬がいて、気が伸びてきて頭に当たってしまったのでしょうか。。
赤坂氷川神社6

先ほどの鳥居をくぐったところです。
階段を登ると赤坂氷川神社社殿へと続きます。
左には太鼓橋と池があります。
右には四合稲荷神社(しあわせいなりじんじゃ)、西行稲荷神社があります。
赤坂氷川神社7

太鼓橋と池です。
水がこんこんと流れていて、太鼓橋と池がとても美しい景観でした。
赤坂氷川神社13

四合稲荷神社(しあわせいなりじんじゃ)です。
古呂故(ころこ)稲荷、地頭(じぬし)稲荷、本(もと)氷川稲荷、玉川(たまがわ)稲荷の四社が合祀されています。
幕末に活躍した勝海舟によって、四合(しあわせ)稲荷と命名されました。
四社に一度にお願いするとご利益4倍、必ず幸せになれそうでいいですね♪
こちらの神社の彫刻は非常に凝ったつくりになっていますので、是非実際に見てみてください♪
赤坂氷川神社8

四合稲荷神社の水受けもかわいい狐の彫刻が入っていました♪
赤坂氷川神社9

四合稲荷神社の左には西行稲荷神社があります。
こちらは火伏の稲荷とも呼ばれ、火難除けのご利益があるとされています。
赤坂氷川神社10

西行稲荷神社には布袋尊像(ほていそんぞう)がいました。
布袋尊像は心身が健康になるご利益がありますので、しっかりお願いしておきましょう!
岩穴には小さな狐がたくさんいました♪
赤坂氷川神社11

西行稲荷神社はすっぽり緑に囲まれ、お社の後ろは特徴のある岩壁になっていて、先ほどの岩穴含め、神社全体に独特の神聖な雰囲気が感じられました。
赤坂氷川神社12

階段を登って赤坂氷川神社社殿へと向かいます。
結構な傾斜があります、都会のど真ん中とは思えない位静寂で緑があふれていて都会のオアシスですね♪
赤坂氷川神社14

階段を登ったところには狛犬が2体います。
独特の形をした岩の上に、複雑な彫刻が彫られた狛犬がいます。
狛犬でこれだけ躍動的で複雑な彫刻の狛犬は中々ないと思います。
赤坂氷川神社15

こちらの狛犬は愛嬌があってかわいいですね♪
赤坂氷川神社16

狛犬の前の道を進むとすぐ社殿が見えてきます。
手水舎で清めてから参拝します。
赤坂氷川神社17

赤坂氷川神社社殿です。
徳川吉宗が造営させたもので、当時の姿のまま現存している貴重な社殿です。
社殿は本殿・幣殿・拝殿が一体になった権現造りとなっています。
倹約政策を進めた徳川吉宗らしく、華美な彫刻はなく、質実で簡素な社殿となっています。
境内の構成は当時からほとんど変わっておらず、江戸時代に赤坂氷川神社を散策している気分になれますよ♪
赤坂氷川神社18

境内には樹齢400年といわれる大銀杏があります。
港区内では善福寺の逆さ銀杏に次ぐ大きさと樹齢があります。
赤坂氷川神社19

こちらは包丁塚です。
赤坂青山辺りは飲食店が多く料理で使った刃物を慰霊するための塚です。
宿場町がまわりに多くあった品川神社でも包丁塚がありました。
赤坂氷川神社20

九神社です。
天祖神社・春日神社・鹿嶋神社・八幡神社・諏訪神社・秋葉神社・厳島神社・金刀比羅神社・塞神社を合祀しており、遥拝所(ようはいじょ)となっておりますので、是非参拝しておきましょう。
赤坂氷川神社24

赤坂氷川神社まとめ

赤坂氷川神社は、東京メトロ千代田線から徒歩約8分という都会の真ん中にありながら、江戸時代からほとんど姿を変えず現存していました。
社殿が江戸時代から現存していて、今もその姿を見れる神社というのは都内では大変貴重だと思います。

神社内は緑豊かで、都会の喧騒はまったく聞こえず、静寂で、参拝中はとても心が落ち着いて気持ちが良かったです。

境内には特徴的な狛犬がたくさん境内にいて神社を守っていました。
赤坂氷川神社には勝海舟が命名した、四合稲荷神社(しあわせいなりじんじゃ)西行稲荷神社があり、一緒に参拝することをおすすめします!

ご祭神の素盞嗚尊、奇稲田姫命の逸話から縁結びのパワースポットとして有名ですが、散策すると心が落ち着き、力が湧いてくるような神社ですので是非一度訪れてみてくださいね♪

場所 東京都港区赤坂六丁目10番12号
電話番号 03-3583-1935
拝観料 無料
拝観時間 午前9:00〜午後5:00
拝観日 無休
交通 東京メトロ千代田線から徒歩約8分

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする