【所要時間3時間】高千穂峡のモデルコースと観光スポット9選!貸しボートの予約方法も徹底解説!

高千穂峡16
2019年5月2日(木)に宮崎県西臼杵郡高千穂町にある宮崎県屈指の絶景スポットで「真名井まないの滝」やエメラルドグリーンの水面柱状節理の見事な断崖が有名高千穂峡たかちほきょうに行ってきました。
高千穂峡は全長約7kmの渓谷で、『古事記』や『日本書紀』に記された「天孫降臨」の舞台とも言われています。高千穂峡は貸しボートでボートからの景色を楽しむこともできます。

高千穂峡を観光してきましたので、真名井の滝や柱状節理の断崖をはじめとした観光スポット厳選9選のモデルコースや貸しボートの予約方法駐車場所要時間をわかりやすくご紹介します。

スポンサーリンク

アクセス・駐車場

自動車を利用

・カーナビに高千穂峡観光で一番便利な御塩井駐車場おしおいちゅうしゃじょうの住所「宮崎県西臼杵郡高千穂町向山」を入力し検索

駐車場

高千穂峡周辺には3箇所駐車場があります。

御塩井駐車場

御塩井駐車場はボート乗り場近くにあり、駐車料金は1回500円です。
駐車場のスペースも広く、高千穂峡観光に一番便利で人気がある駐車場です。

あららぎ駐車場

次に便利なのが神橋近くにある「あららぎ駐車場」で、駐車料金は1回300円です。
ボート乗り場までは750m、徒歩で約10分かかります。
駐車スペースもそこそこあり、高千穂峡遊歩道にすぐアクセスできるので便利です。

大橋駐車場

大橋駐車場は無料ですが、ボート乗り場までは1.1km、徒歩で約15分かかります。
また結構傾斜のある階段の上り下りがあり、無料ですので土日祝日にはすぐ満車になります。
平日に観光する方で無料で駐車したい方におすすめします。

高千穂峡貸しボートの利用方法

高千穂峡貸しボートの受付は、御塩井駐車場内にある貸しボート受付で行います。
以前は先着順の受付のみでしたが、現在は事前ネット予約が可能です。
当日受付枠もありますが、事前ネット予約受付状況によって枠数が変動しますので事前予約をおすすめします。
2022年6月時点の情報をご紹介します。

貸しボート情報

営業時間は午前8時~午後5時まで、乗船時間は30分です。
30分毎に20艇ボートは稼働していますが、事前ネット予約により稼働数が変動します。
料金は、定員3名のボート1艇の基本料金が3,000円、それに大人1人1,000円、小学生1名500円が加算されます。(例:大人2名、小学生1名の場合:3,000円+1,000円×2名+500円=5,500円)
延長料金は10分300円になります。

事前ネット予約と当日受付

事前ネット予約

事前予約は高千穂峡貸しボート情報サイトの貸しボート予約サイトから事前予約可能です。
予約受付期間は乗船予定日の1週間前の午前9時から2日前の午前9時までです。
予約が完了すると「予約登録完了メール」が届きますので、「予約番号・整理番号」を確認します。
※メールや電話での受付は一切行っていないのでご注意ください。

当日受付

予約登録完了メール」に届いた「予約番号・整理番号」をボート受付で提示します。

高千穂峡の見どころ

玉垂の滝

御塩井駐車場おしおいちゅうしゃじょうに車を止め、御橋みはしを渡った先にある「玉垂たまたれの滝」からの高千穂峡見学がおすすめです。幅広い断崖から幾筋もの糸を引いているような滝が美しいこちらの滝は、高さ5m、幅約15mで、周囲ではマイナスイオンを感じます。
高千穂峡1

月形

玉垂たまたれの滝のすぐ近くには、天岩戸で天照大神が岩屋から出た後、素戔嗚尊が今後悪さをしないと刻んだ「月形つきがた」があります。江戸時代までは月形・日形があったそうですが、現在は月形のみ残っています。
高千穂峡4

幸せの黄色いポスト

月形から少し進んだ先に「幸せの黄色いポスト」があります。
黄色いポストはフォトスポットで人気で、手紙を投函すると受け取った相手は幸せになれると評判です。
高千穂峡6

高千穂峡の石碑

幸せの黄色いポストと高千穂峡遊歩道入口の中間に「高千穂峡の石碑」があります。
こちらも観光客に人気のフォトスポットです。
高千穂峡5

おのころ池・おのころ島

高千穂峡の石碑から道路を渡ると高千穂峡の遊歩道入口があり、その近くにおのころ池とおのころ島があります。おのころ島は伊弉冉尊いざなぎのみこと伊邪那美命いざなみのみこと天沼矛あめのぬぼこで作り出した島と伝わります。
現在でも高千穂神社の春祭で御神幸のお神輿がおのころ池に入り、島を3周して禊を行っています。
高千穂峡3

遊歩道入口付近から見た真名井の滝です。
真名井の滝は日本の滝100選に選ばれており、どこから見ても美しい姿を見せてくれます。
高千穂峡8

遊歩道から御橋を見上げた景色も幻想的な緑で美しいですね!
高千穂峡13

展望台・瀧見台からの景色

瀧見台と呼ばれる展望台が遊歩道の途中にあります。
落差が約17mある真名井の滝を美しく撮影できるフォトスポットです。
また御橋と真名井の滝と柱状節理が織りなす独特の景色が堪能できます♪
高千穂峡18

鬼八の力石

瀧見台から遊歩道を道なりに進むと「鬼八きはちの力石」と呼ばれる重さ推定200トンの巨石があります。
昔、高千穂一帯を荒らしていた荒神・鬼八が高千穂神社の御祭神である三毛入野命みけぬのみことに向かって投げた石と伝わります。
高千穂峡21

鬼八の力石付近からの景色はまるで山水画のよう!
この見事な景色は、高千穂峡の柱状節理が長い年月をかけて浸食を受け形成されました。
高さは平均80m、一番高いところで100m、渓谷の長さは7kmにも及びます。
その内、1kmが遊歩道と整備されて渓谷美を楽しむことができるようになりました。
高千穂峡24

槍飛橋

鬼八の力の先にある橋は槍飛橋やりとびばしと呼ばれます。
高千穂峡で最も川幅が狭く、戦国時代の天正19年(1591年)に三田井城を攻められた三田井家の家来達が橋がないので槍をついて飛び越えたことから名付けられました。
高千穂峡25

高千穂三段橋

1つの渓谷に3本のアーチ型の橋が架かっている全国でも大変珍しいスポットです。
写真手前から「神橋」、「高千穂大橋」、「神都高千穂大橋」となっています。
おすすめのフォトスポットです。
高千穂峡27

神橋は昭和22年(1947年)に造られた石造りの橋で風情があって素敵ですね♪
高千穂峡29

遊歩道の終着点である高千穂大橋まで進み、そこから御塩井駐車場へ戻りました。
高千穂峡30

おわりに

高千穂峡所要時間ですが、片道1時間で戻る時間を含めると約2時間でした。
貸しボート所要時間約1時間ですので、合計3時間でした。
実体験から高千穂峡モデルコースと観光スポット9選をご紹介させていただきました。
ご参考になれば幸いです。
近くには高千穂神楽が有名な高千穂神社もありますので一緒に訪れてみてはいかがでしょうか。

高千穂峡たかちほきょう
住所宮崎県西臼杵郡高千穂町向山
電話番号高千穂町観光協会:0982-73-1213
営業時間終日可能
定休日年中無休
見学料無料
アクセス■交通機関を利用
コピー
■自動車を利用
コピー
駐車場・御塩井駐車場(500円)
・あららぎ駐車場(300円)
・大橋駐車場(無料)