東京大空襲で町や人々を守った御神木「身代り飛木の焼けイチョウ」が有名!墨田区にある「飛木稲荷神社(とびきいなりじんじゃ)」

飛木稲荷神社8
2018年9月12日(土)に東京都墨田区押上にある飛木稲荷神社(とびきいなりじんじゃ)にいってきました。
飛木稲荷神社昭和27年(1945年)3月10日の東京大空襲身代りとなって炎を食い止め、人々や町を救った御神木「身代り飛木の焼けイチョウ」がある神社で有名です。
御神木のイチョウは言い伝えによると樹齢500~600年といわれ、江戸時代から区内で残る4本のイチョウの中でも最古のイチョウと伝わります。
戦災で黒焦げになりましたが、数年後に緑の芽を吹きだし、現在でも元気な姿を見せてくれています。

創建は不詳ですが、北条氏一門が鎌倉幕府の滅亡後にこの地に逃れ、応仁2年(1468年)に稲荷大明神を勧請したのが始まりと伝わっています。
社号の「飛木」は、暴風雨の時にイチョウの枝が飛んできてこの地に刺さり、いつの間にかイチョウが高くそびえたことから飛木稲荷神社と命名されたと伝わります。

ご祭神は、伏見稲荷大社と同じ「宇迦之御霊神(うかのみたまのかみ)」で、農工・殖産・生産向上ご利益があるとされています。
境内には神の使いである狐の石像が多数置かれています。

飛木稲荷神社
所要時間ですが、ゆっくり参拝した場合で約15分でした。

スポンサーリンク

飛木稲荷神社へのアクセス

交通機関を利用したアクセス

1.東武スカイツリーライン「曳舟駅」下車、約400m・徒歩約5分
2.東京メトロ半蔵門線・都営浅草線「押上駅」下車A3出口より約600m・徒歩約7分

飛木稲荷神社の見どころ

飛木稲荷神社の見どころ・おすすめスポットは以下の通りになります。

・ご神木の「身代り飛木の焼けイチョウ」
・御朱印とイチョウの絵葉書は拝殿横の社務所
・境内社の「日枝神社」「奥社稲荷神社」
・本社と同じご祭神「奥社稲荷神社」はパワースポット

飛木稲荷神社参拝

ご神木の「身代り飛木の焼けイチョウ」

飛木稲荷神社の入り口です。
神明鳥居の前方には石ぎつね、後方には境内全体を守るように立つ「身代り飛木の焼けイチョウ」があります。
イチョウは墨田区指定文化財に指定されている飛木稲荷神社の御神木です。
緑豊かで、かつて黒焦げになったとは思えないほど生命力にあふれた姿を見ることができます。
飛木稲荷神社11

しかし近づいてみてみると戦災の傷跡が色濃く残っているのがわかります。
傷跡が残っていますが、それにも負けず立ち上がる姿に勇気や希望を分けてもらえました。
見ていると力が湧いてくるイチョウでしばらく時間を忘れて見上げていました。
飛木稲荷神社7

身代り飛木の焼けイチョウの隣には拝殿があります。
拝殿前にも神の使いである石きつねが鎮座しています。
拝殿は昭和20年(1945年)に空襲で焼失しましたが、昭和27年(1952年)に再建されました。
飛木稲荷神社10

御朱印とイチョウの絵葉書は拝殿横の社務所

拝殿右側奥に社務所があり、呼び鈴を鳴らして御朱印のお願いをします。
御朱印の初穂料は300円で、身代り飛木の焼けイチョウの絵葉書も頂けました。
飛木稲荷神社6

拝殿横の参道を通って奥に進むと境内社があります。
飛木稲荷神社5

境内社の「日枝神社」「奥社稲荷神社」

左が境内社の「日枝神社」、右が「奥社稲荷神社」です。
飛木稲荷神社4

日枝神社のご祭神は「大山咋神(おほやまくひのかみ)」です。
社殿には見事な彫刻が施されているので必見です。
飛木稲荷神社3

本社と同じご祭神「奥社稲荷神社」はパワースポット

奥社稲荷神社のご祭神は「宇迦之御霊神(うかのみたまのかみ)」で本社と同じです。
神社のまわりは小山になっており、山頂にお社、そのまわりにお稲荷さんの使いである石ぎつねや瀬戸物のきつねがおられます。
飛木稲荷神社1

京都の伏見稲荷大社の境内の山にはきつねがたくさん住んでおり、こちらの奥社稲荷神社もその姿を表現しています。
奥社稲荷神社のまわりは特に空気が引き締まった厳かな空間で、伏見稲荷大社のようなパワースポットとなっていました。
飛木稲荷神社2

おわりに

飛木稲荷神社に参拝して、身代り飛木の焼けイチョウから勇気や希望をもらいました。
境内社で本社と同じご祭神がおられる奥社稲荷神社周辺は厳かな空間で、強力なパワースポットでした。
約50m先には縁結びのパワースポットで有名な「高木神社」がありますので一緒に参拝してみてはいかがでしょうか。

飛木稲荷神社(とびきいなりじんじゃ)
場所 東京都墨田区押上2-39-6
電話 03-3611-0862
アクセス 1.東武スカイツリーライン「曳舟駅」下車、約400m・徒歩約5分
2.東京メトロ半蔵門線・都営浅草線「押上駅」下車A3出口より約600m・徒歩約7分
休日 無休
拝観料 無料
駐車場 境内に駐車場あり