東京高輪 最初の英国公使館になった!東禅寺(とうぜんじ)

東禅寺8
2016年12月25日(日)に東京都港区にある東禅寺(とうぜんじ)にいってきました。

東禅寺の創建は、慶長15年(1610年)に創建されました。
開基は宮崎の飫肥(おび)藩主「伊東祐慶(いとうすけのり)」、開山は「嶺南崇六(れいなんすうろく)」で、臨済宗妙心寺派のお寺です。
創建以来250年は諸大名の江戸の菩提寺でしたが、寛永6年(1853年)に日米及び日英修好通商条約を締結後、安政6年(1859年)に英国公使「オールコック」が東禅寺境内に英国旗を掲揚して最初の英国公使宿館になりました。

攘夷の風潮の中、神聖なお寺に異邦人を居住させたことによる襲撃事件が2回おこりました。文久元年(1861年)攘夷派の水戸浪士による襲撃事件「第一次東禅寺事件」、翌年の文久2年(1862年)には信濃松本藩伊藤軍兵衛による襲撃事件「第二次東禅寺事件」が発生しました。
「第一次東禅寺事件」では「オールコック」は難を逃れましたが、書記官が負傷、水戸浪士、警備兵の双方に死傷者がでました。
「第二次東禅寺事件」では、イギリス人水兵2名が殺害されました。

また、7年に及ぶ英国公使宿館により「東禅寺」の檀家である諸大名の離檀を招き、経済的な支援もなくなり、境内は荒涼の一途をたどりました。

現在の「東禅寺」は江戸時代に比べ縮小し、建物の多くも失われていますが、英国公使館の宿所となっていた「僊源亭(せんげんてい)」やその前の庭園は良好な状態で残っています※。
※非公開となっており、見学はできません。

幕末期にアメリカ・フランス・オランダ等の公使館に当てられた寺院は大きく改変されましたが、「東禅寺」は公使館の姿を伝えるほぼ唯一の寺院であることから国史跡に指定されています。

東禅寺所要時間ですが、ゆっくり参詣した場合で約20分でした。

スポンサーリンク

東禅寺へのアクセス

電車でアクセス

・都営地下鉄浅草線「泉岳寺駅」A2出口より徒歩約10分
・JR「品川駅」より徒歩約11分
・都営地下鉄浅草線「高輪台駅」より徒歩約12分
・都営地下鉄三田線「白金台駅」より徒歩約13分

東禅寺に到着

「東禅寺」の山門です、昭和46年(1971年)に再建されました。
大変立派な門です。
「山門」から伸びる参道もとても素敵でした。
東禅寺2

「山門」の両端には仁王像がお寺を守護していました。
こちらは、吽形(うんぎょう)の仁王像ですね。
東禅寺4

こちらは、阿形(あぎょう)の仁王像です。
躍動感があって今にも動き出しそうな雰囲気です。
東禅寺3

「山門」前には「最初のイギリス公使宿館跡」と石碑がたっていました。
江戸時代は、眼前に江戸湾が広がっていたころから「海上禅林」とよばれていました。
本堂の額に「海上禅林」が書かれ、掲げられています。
東禅寺5

参道を過ぎると「三重塔」「本堂」が見えてきます。
境内は木々に覆われていて大変静かで心が癒されます。
東禅寺1

静寂な境内に水の落ちる音が心地よく響きます。
東禅寺6

「三重塔」の前には観音様がおられます。
とても穏やかな表情をされていますね。
東禅寺7

「三重塔」「本堂」です。
高輪の傾斜と細い道が続く中、こんなに大きな「三重塔」や「本堂」があることに驚きました。
東禅寺14

こちらは本堂です。
眼前に江戸湾が広がっていたころから「東禅寺」は「海上禅林」と呼ばれていました。
その額が本堂に掲げられていました。
東禅寺9

「本堂」前にはかなり前のものと思われるお地蔵様がおられます。
とても穏やかな表情をされていました。
東禅寺13

本堂の右手には写真の「大玄関」、更に右手には「玄関」があります。
背後には英国公使館の宿所となっていた「僊源亭(せんげんてい)」やその前の庭園が良好な状態で残っています。
非公開ですが、一度拝観してみたいですね。
東禅寺12

「大玄関」から「三重塔」を見たところです。
緑豊かな境内の中に、「三重塔」が見事に調和していて美しいと思います。
東禅寺10

こちらは「宝物殿」です。
正面玄関の両端には狛犬が鎮座しています。
また、宝物殿の正面玄関は19世紀中頃の部材を利用しています。
東禅寺11

おわりに

「東禅寺」に参拝してみて、境内は立派で大きくて、江戸時代に諸大名の菩提寺となっていたのが納得できました。
幕末に攘夷の風潮から事件が嘘のような、静寂で大変心落ち着くお寺でした。
現在非公開ですが、英国公使館の宿所となっていた「僊源亭(せんげんてい)」やその前の庭園は公開されたら是非見てみたいです。
アクセスもしやすく、福を招くパワースポット「高輪神社」や、忠臣蔵で有名な「泉岳寺」、銭洗不動で有名な「黄梅院」、都内で四国八十八ヶ所お遍路ができる「高野山東京別院」がありますのであわせて参拝されてみてはいかがでしょうか。

場所 東京都港区高輪3丁目16-16
電話番号 03-3473-3245
拝観料 境内無料
拝観日 無休
交通 ・都営地下鉄浅草線「泉岳寺駅」
A2出口より
徒歩約10分
・JR「品川駅」より徒歩約11分
・都営地下鉄浅草線「高輪台駅」より
徒歩約12分
・都営地下鉄三田線「白金台駅」より
徒歩約13分

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする