熊本県人吉市 和尚が描いたと伝わる幽霊の掛軸があり、別名「ゆうれい寺」として有名!永国寺(えいこくじ)

2015年9月24日に熊本県人吉市永国寺(えいこくじ)に行ってきました。
永国寺には開山した「実底超真(じっていちょうじん)」和尚が描いたといわれる幽霊の掛軸があり、別名「ゆうれい寺」とも呼ばれています。
また明治10年(1877年)の西南戦争では西郷隆盛率の薩軍の本陣が33日間陣を構えたお寺としても有名です。

創建は応永15年(1408年)または17年(1410年)、実底超真和尚によって開山されました。
山号蓬莱山宗派曹洞宗になります。

和尚がなぜ幽霊の掛軸を描いたかというと、寺の近くにいたとある男性の妾が本妻に嫉妬し、身投げして幽霊になって本妻を苦しめていました。
和尚が醜い幽霊の姿を掛軸に描いて見せると、妾は和尚に成仏させてほしいとお願いし、和尚が成仏させたとの逸話が残っています。
境内には幽霊が現れた池も残っており、毎年8月には「永国寺ゆうれいまつり」が開催されています。

永国寺を参拝した所要時間ですが、ゆっくり参拝した場合で約30分でした。

スポンサーリンク

永国寺の見どころ

・本堂にある幽霊の掛軸
・本堂で住職が「幽霊の掛軸・西南戦争」に解説されているビデオ
・幽霊が出たといわれる池

永国寺(ゆうれい寺)参拝開始

JR人吉駅からまっすぐ歩いて約15分位でつきます。
永国寺入り口の写真です。
木造建築が美しい入り口です。
永国寺1

仁王門です。
両脇には約2mの木彫りの仁王像が立っています。
仁王像との距離が近いので迫力があります。
2階部分は梵鐘(ぼんしょう)があり、2階へ登って近くで見ることができますよ♪
永国寺3

仁王門2階部分にある梵鐘の写真です。
仁王門の2階に登れるのは珍しいと思います。
永国寺11

仁王門の2階から境内を一望することができます。
永国寺12

本堂に幽霊の掛軸

本堂です、本堂には冷たい飲み物が用意されており、気遣いがとても嬉しく感謝し頂きました。
本堂を入って左側奥に「幽霊の掛軸(レプリカ)」がかかっています。
通常はレプリカの掛軸ですが、毎年8月に行われる「ゆうれい祭り」では本物の掛軸を見ることが出来ます。
本堂には永国寺を解説しているビデオも設置されています。
ビデオでは住職が「幽霊掛軸」「西南戦争との関わり」を中心に詳しく10分程度で解説されているので是非見ることをおすすめします。
永国寺4

西郷本営跡碑

西郷本営跡碑です。
西南戦争の際、西郷隆盛は八代より人吉に逃れ、官軍を防ごうとしました。
永国寺に本営を設け、策を練ったり、官軍を33日間防いだそうです。
その時、永国寺は灰燼と帰して、寺宝等あらかた燃えてしまいましたが、幽霊の掛軸は残ったそうです。
永国寺8

幽霊が出たといわれる池

こちらの池は幽霊が出たといわれる池です。
日中に見ると怖くないですが、池の周りは森が緑が広がっていて全体的に少し暗い感じがするので夜は怖いだろうと思います。。
永国寺9

日中は亀たちが気持ちよく甲羅干ししていました♪
永国寺10

おわりに

永国寺にいってみて、ゆうれい寺というイメージがあったのでなんとなく怖い感じがしていました。
確かに幽霊の掛軸は怖いのですが、本堂のビデオや飲み物、本堂を自由に無料で参拝できるおおらかさや優しさを感じるお寺でした。
現在では毎年8月に「永国寺ゆうれいまつり」も行われ、そこでは本物の幽霊の掛軸を見ることができます。
西南戦争とも繋がりが深く、お寺を参拝すると西南戦争について知識が深まりました。
熊本県人吉市を訪れた際は是非一度参拝されてみてはいかがでしょうか。

永国寺(ゆうれい寺)
場所 熊本県人吉市土手町5
交通 電車:JR人吉駅から徒歩約15分
自動車:九州道人吉ICから7分
駐車場 有り
拝観料 無料
拝観時間 8時00分 ~ 18時00分
拝観日 年中無休

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする