栃木県足利市 相田みつをゆかりの店 めん割烹 なか川

2015年11月23日に栃木県足利市 相田みつをゆかりの店 めん割烹 なか川(めんかっぽうなかがわ)へ行ってきました。
栃木県足利市に旅行で来ていて、足利の名物といえばそば、足利のそばの有名店といえばなか川でしたので一度来店したいと思っていました!
なか川へは、鑁阿寺、史跡足利学校の見学後に来店しました。
なか川への行き方は、鑁阿寺の山門をでて、まっすぐ約100m程歩くと右手にめん割烹 なか川が見つかります。

スポンサーリンク

相田みつをゆかりの店 めん割烹 なか川到着!

12時50分、なか川到着です。
入り口まで3組、店内に3組ほど行列ができていました。
右奥の看板は相田みつをデザインだそうです。
なか川1

入り口です、入りやすい感じがする入り口です♪
入り口には黒板に足利そばの説明と相田みつをとお店の歴史について書かれています。
旅館なか川初代女将 中川光子さんが相田みつをが売れていない時代の最初のお客になったところからつながりが現在に続いているそうです。
なか川2

入り口をはいってすぐのところです。
相田みつをグッズがところせましと置かれていました。
ストラップを買われているお客が多かったです。
なか川9

カレンダーなども売られていました!
なか川8

席に案内されたのは13時20分で、列に並び始めてから約30分でした。
意外とはやく案内されました。
左奥の水も相田みつをの作品です。
なか川10

メニュー表は種類が多くて悩みます。。
4代目オススメ天ぬきそば御膳:1,945円(冷)(税込み2,100円)が一番人気だそうですが、冷たいそばしかないので今回はパスしました。
相田みつをはなか川で甘露煮を食べていたそうで、同じ味を堪能したい方は、にしんそば御膳(相田みつを風):1,600円(温)(税込み1,728円)がおすすめです!
今回は、足利名物そば えび天ざる:1,900円(温)(税込み2,052円)と、足利名物そば カニ天ざる:2,200円(温)(税込み2,376円)を注文しました。
なか川11

足利名物そば えび天ざるです。お箸の袋は相田みつをデザインです。
できたてのてんぷらと温かい足利名物そばがとってもおいしかったです!
えびも大きくてぷりぷりしていて最高でした!
なか川3

足利名物そば カニ天ざるです。
てんぷら以外はえび天ざると同じです。
贅沢にできたてのカニのてんぷらを頂きました♪
なか川7

なか川では天ぬきの食べ方もおすすめしてくれました。
まずそば抜きの天ぷらをお酒と一緒に半分ほど汁につけながら食べ、汁をいただきます。
その後そばがやってきて残りの天ぷらと食べると絶品だそうです。
本来蕎麦屋はお酒を楽しむところで、そのような食べ方が文化としてあるそうです。
お酒が大好きなので、次回はお酒を楽しみながら天ぬきを注文してみようと思います♪

■場所:栃木県足利市通2丁目2659
■交通
東武鉄道伊勢崎線「足利市駅」から徒歩約15分
JRりょうもう線「足利駅」から徒歩約10分
■営業:営業時間は、11時00分〜21時00分(ラストオーダー20時00分)
■定休日:火曜日(祝日は営業)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする