京都嵐山 景色と湯豆腐が楽しめる店 松籟庵(しょうらいあん)

2015年7月20日に京都嵐山にある松籟庵 (しょうらいあん)にいってきました。
京都の嵐山といえば嵯峨野の湯豆腐、そして景色も楽しみたい!といった贅沢な要望をかなえてくれるお店を探していたところ、松籟庵に出会いました。

嵐山にある松籟庵は、かつて近衛文麿公の別邸と呼ばれていました。
屋敷の中で四季を楽しめるのが松籟庵の特徴です。
松籟庵からは保津川が眼前にひろがり、紅葉の葉が松籟庵を覆っていました。
秋の松籟庵からの風景は格別だろうと思いました。

今回、食事はランチをいただきに松籟庵へいきました。
お店の名前が入った松籟のコースを注文しました。

昼食、夕食のメニューです。全て税別表記です。
詳細はこちらからご確認下さい。

・昼食のみ
松葉(しょうよう)3,800円
松籟(しょうらい)4,600円
松風(しょうふう)5,800円※ディナー有、6,300円

・夕食のみ
松籟鍋(しょうらい)7,500円
松壽(しょうじゅ)10,000円

スポンサーリンク

松籟庵は予約推奨です

松籟庵へは7月20日の海の日に行きましたが、2週間前に電話予約時で、お昼の11時30分開始1席のみ予約可能でした。
紅葉の時期などは1ヶ月以上前から予約しなければ難しいとのことでした。
松籟庵へ行く場合は予約を推奨します。

松籟庵へのアクセス

松籟庵へのアクセスは、

阪急嵐山より徒歩約20分
嵐電嵐山駅より徒歩約15分
JR嵯峨嵐山駅より徒歩約25分

でいくことができます。
松籟庵は嵐山公園の中にあり、アクセスが少し難しかったです。
一番いきやすい方法としては、渡月橋から保津川の上流に向かって川沿いを歩くと松籟庵が見えてきますので、川沿いのルートで行くことをオススメします。


川沿いの道から嵐山公園に入ったところです。
周りに建物が何も見当たらないので少し不安でしたが、松籟庵の看板が見えてきました。
松籟庵1

看板から奥に進みましたが、ここでも建物は見当たりません。。
松籟庵2

すると、もう少し奥にすすむと松籟庵が!!
山肌に沿って松籟庵が建っていて、急に目の前に出現した錯覚にとらわれます!
松籟庵3

松籟庵へは階段を下って入口へ向かいます。
松籟庵4

松籟庵に到着

松籟庵に到着です。
とても立派な入口で、本当にここであっているのか不安になり、のれんの文字を二度見しました(笑)
嵐山でこのような立派な場所で、ランチが1万円以内でいただけるのは本当にリーズナブルだと思います。

松籟庵15

松籟庵の店内です。
美しい書と、美しい電燈が部屋に調和していました。
松籟庵9

着席すると、本日の昼食の松籟の献立がありました。
湯豆腐は500円でお代わりできるようです、嵯峨野の湯豆腐は有名ですのでお代わりしたいところです。
席に担当者が着き、献立の説明を受けながらお食事を頂きました。
松籟庵5

食前酒の梅酒と、豆腐がやってきました。
梅酒をいただいて、塩をかけながら豆腐をパクリ。。
当然ながら、いつも食べている豆腐と全然ちがう!!
すっと口の中でとけて、少し塩がアクセントとなってあっという間に完食。
松籟庵16

八寸盛です。
丁寧に説明していただいた後、味わいながら頂きました。
私はこの中ではやはり京都のハモの梅肉添えが一番おいしかったです♪
松籟庵6

創作の一品です。
海の日に来店しましたので、涼しげなお料理が運ばれてきました。
松籟庵7

ちょうど良い具合に湯豆腐ができていましたので湯豆腐を頂きます。
夏に涼しい場所で食べる湯豆腐もまたおいしいですね♪
松籟庵8

出来立ての湯豆腐を薬味を加えて頂きました。
こちらの後は揚げだし豆腐ご飯、ちりめん山椒も運ばれてきておなかいっぱいおいしい料理をいただきました。
松籟庵10

デザートはパンナコッタと豆腐アイス(黒蜜、生八ッ橋添)が選択できました。
せっかく豆腐で有名な嵯峨野にきているので、豆腐アイスを頂きました。
京都に来て、嵯峨野の豆腐と、生八ッ橋が一度に味わえる贅沢な一品です。
生八ッ橋の食感と、豆腐アイスのまろやかさに、黒蜜がアクセントになっていて非常においしかったです♪
松籟庵14

松籟庵のテラスからの風景です。
テラスへは自由に出入りができますので、食事のあとでてみました。
左がお食事処です、前方には保津川と紅葉が一面に広がっています。
秋だと絶景だろうと思われます、来年は秋に訪れたいと思います♪
松籟庵13

電燈がレトロでいいですね♪
窓際の席に座ると前方の保津川と紅葉を楽しみながらお食事をいただけます♪
全席窓際の席ではないので、窓際の席を希望する場合は予約時に伝えておきましょう!!
松籟庵12

松籟庵でランチをしてみて、歴史のある建物で、眼前に広がる美しい風景を楽しみながらお食事ができるなんてなんて豪華なんだろうと思いました。
食事も全て満足できる、味も見た目も美しい、とてもおいしい食事でした。
嵐山でリーズナブルかつ、嵐山の風景やお料理を堪能したい方には是非いってみてほしいです。
普段でも予約は2週間前程度から必須ですが、紅葉などの良い季節は1ヶ月以上前から予約が必須と思われますので、早めの予約をオススメします♪

住所 京都府京都市右京区
嵯峨亀ノ尾町官有地内
営業時間 月~木 11時~17時
金〜日・祝  11時~20時
電話 075-861-0123
交通 阪急嵐山より
徒歩20分
嵐電嵐山駅より
徒歩15分
JR嵯峨嵐山駅より
徒歩25分
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする