滋賀で神社建築国宝第一号の本殿 御上神社(みかみじんじゃ)

2015年12月29日に滋賀県にある御上神社(みかみじんじゃ)に行ってきました。

滋賀県野洲市三上の御上神社は社殿の多くが重要文化財に指定されており、特に本殿は滋賀県の神社建築国宝の第1号で国宝に指定されました

御上神社は、家内安全、厄除け、開運、水難や火難除けご利益があります。

御上神社見どころは、国宝に指定されている西本殿や、重要文化財指定の立派な楼門です。

御上神社
は、JR琵琶湖線野洲駅からバスで10分、御上神社前下車徒歩約3分で到着します。
では、名神高速道路栗東I.C.から約10分で到着します。

御上神社には普通車20台まで無料で駐車できる駐車場がありますので他の神社や仏閣を同日にまわるのであれば車がおすすめです。

今回ゆっくり見学して、所要時間は約40分でした。

スポンサーリンク

御上神社の概要

御上神社は近江富士とも呼ばれる三上山を神体山として祀っている神社です。
ご祭神は天御影之神(あめのみかげのかみ) で、刀鍛冶の祖神で、刀を作る過程で水と火を使用することから水と火を司る神とされています。
718年に三上山麓の現在地に、藤原不比等が勅命により榧の木で社殿を造営しました。
境内の主な社殿は鎌倉時代後期、14世紀始めごろ整備されたとされ、国宝の本殿、重要文化財の拝殿、楼門の姿を今に伝えています。
武士の崇敬が厚く、源頼朝、足利尊氏、豊臣秀吉は社頒を寄進しています。
三上山のムカデ退治の話や収穫感謝のまつりとして開催されるずいき祭りも有名です。

御上神社へのアクセス

御上神社の駐車場は、普通車20台まで無料で駐車できる駐車場があります。

電車の場合、JR琵琶湖線野洲駅からバスで10分、御上神社前下車徒歩約3分で到着します。
車の場合、名神高速道路栗東I.C.から約10分で到着
するのでどちらでもアクセスしやすいです。

国道8号線沿いにあり、大きな御上神社の石碑と看板が目立つので気になっていました。
御上神社1

御上神社入口前に駐車場があります、無料の駐車場でかなり余裕がありました!
七五三や初詣はかなりこむので注意が必要です!
御上神社17

御上神社ご参拝

駐車場から標高432メートルの神体山の三上山(みかみやま)を見たところです。
三上山はムカデ退治の話が有名です、説明を読んでいて昔アニメで楽しみに見ていた日本昔ばなしを思い出しました♪

朱雀天皇の御代に田原藤太秀郷という剛勇の者が、ある日瀬田の橋を渡ろうとすると大蛇が橋上に横たわっていたが、田原藤太秀郷は臆することなく大蛇を踏付け通りすぎた。
その晩大蛇は小男に化け、田原藤太秀郷の剛勇を褒め称え、『吾は竜宮に住む竜神であるが、三上山を七巻き半巻いている大ムカデに悩まされているから助けて欲しい』と頼んだ。
田原藤太秀郷は承諾し、瀬田の唐橋から矢を放ち、一矢は射損じた。二矢目は鏃に唾を付け放ち大ムカデを射止めた。
竜神は大層喜び、御礼として減ることのない米俵や使っても無くならない反物や宝物を贈った。この米俵から田原藤太秀郷の名前を俵藤太と改めた。
(近江富士三上山 御上神社HPより引用)

御上神社16

御上神社入口です、立派な石の鳥居と、重要文化財の立派な楼門が見えます。
御上神社2

手水舎でしっかりと清めます。
右奥にはおまもりやおみくじがあります♪
御上神社3

御上神社は、家内安全、厄除け、開運、水難や火難除けのご利益があるので、ご利益にちなんだお守りを購入しましょう♪かわいいお守りも多かったので悩みました!
御上神社4

重要文化財の楼門です。
室町時代に造営されたもので、苗村神社と同時期に造営されたものですので、大変立派で大きさも造りも似ています。
ほれぼれするくらい美しい木造の楼門です、私的には楼門は迫力と緻密さと美しさがあって、とても好きです♪
滋賀の神社には比較的状態のよい楼門が残っていて嬉しくなります♪
御上神社5

末社で、左が御鍵取神社右が愛宕神社です。
御上神社6

重要文化財の拝殿で、鎌倉時代後期のものになります。
境内の中央にあり、かつての本殿を移築したとも伝わっており、とても存在感がありました。
御上神社7

奥が楼門、右が拝殿です。
御上神社11

先ほどの写真から右に視線を移すと、中央には立派な国宝の本殿があります。

本殿の右にあるのが末社の三宮神社で室町時代の造営されたものです。
一間社流造、屋根は檜皮葺になっていて、滋賀県指定文化財に指定されています。

本殿の左にあるのが摂社の若宮神社で祭神に菅原道真公を祀っています。
室町時代の造営で、滋賀県の指定文化財に指定されています。
本殿に参拝した後、資格受験の合格を願ってお参りしてきました♪
御上神社12

国宝本殿正面です。
本殿は鎌倉時代後期に造営されたもので、神社・寺院・殿舎の建築様式が混ざったような形をしており、独特な構造をしていることから御上造とも呼ばれます。
裏側には神体山の三上山がある為、裏側には扉があります!
御上神社9

天之御影命(あめのみかげのみこと)と書かれた木札が見えます。
天之御影命は鍛冶の神で、鍛冶で火や水を使用するので御上神社は火難や水難除けにもご利益があるとされています。
本殿の柱をささえる反花の彫刻が施された縁束石も有名ですので、是非見ておきましょう!
御上神社10

左が祭神に菅原道真公を祀っている若宮神社
中央が国宝の本殿、本殿の右が三宮神社、右手前が拝殿です。

本殿も拝殿も入母屋造で、拝殿は以前本殿だった部材を使って造営されており、この角度からだと良く似ていることがわかります♪

四方を森に囲まれていて、写真で伝えづらいのが残念ですが、自然の力や神社の力が凝縮された、強力なパワースポットだと感じる構造となっていて、包まれている感じがすごくよかったです♪
御上神社14

先ほどから視点を右にずらしたところです。
中央が拝殿、奥に楼門があります。

楼門を入って拝殿を中央として社殿が並んでいることがわかりますね♪
御上神社13

御上神社まとめ

御上神社拝殿を中央として四方を森に囲まれた、三上山の神体山を感じられる神社でした。
見どころとしては、重要文化財の楼門国宝の本殿が見どころです。
本殿の建築様式は独特で、神社・寺院・殿舎の建築様式が混在した御上造とよばれており、本殿の柱をささえる反花の彫刻が施された縁束石も有名ですので是非見ておきましょう!

御上神社で収穫感謝のまつりとして10月中旬に開催されるずいき祭りも有名ですので見たいと思いました。

社殿の保存状態もよく、見どころもたくさんあり、三上山の神体山のパワーを感じられる御上神社に是非一度いってみてくださいね♪

場所 滋賀県野洲市三上838
電話番号 0748-57-0160
拝観料 無料
拝観時間 午前9:00〜午後5:00
拝観日 無休
交通 ・JR琵琶湖線野洲駅からバスで10分、
御上神社前下車徒歩約3分
・名神栗東I.C.から約10分  

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする