京都 北野天満宮の前身神社 文子天満宮(あやこてんまんぐう)

2015年12月29日に京都にある文子天満宮 (あやこてんまんぐう)に行ってきました。
文子天満宮菅原道真公天神として最初におまつりした神社で、天神信仰発祥の神社、北野天満宮の前身神社とされています。

文子天満宮見どころは、相生(あいおい)の御神木と、菅原道真公が太宰府へ左遷の際に立ち寄った際腰掛けられた腰掛石が見どころとなっています。

文子天満宮JR京都駅から約1キロメートル、徒歩約11分で到着します。
東本願寺別邸の渉成園へのすぐ近くにありますので、渉成園東本願寺と一緒にまわられることをおすすめします。

今回ゆっくり見学して、所要時間は約15分でした。

スポンサーリンク

文子天満宮の概要

文子天満宮(あやこてんまんぐう)は菅原道真と乳母多治比文子(たじひのあやこ)を祀っています。
北野天満宮の前身神社と伝わっており、天神信仰発祥の神社とされています。
都から大宰府(福岡県)に左遷された菅原道真は903年に59歳で亡くなりましたが、没後の942年に西京七条に住む乳母多治比文子に「九州より都に帰りたいと思っているので、昔からゆかりの深い右近の馬場(今の北野天満宮)に祠を構えよ」と菅原道真からおつげがありました。
しかし文子は貧しく、社殿を構えることが出来なかったので、住居の庭先に小さな祠を建てて崇めまつりました。
これが文子天満宮の起こりで、天神信仰発祥の神社、また北野天満宮の前身神社として伝えられています。
以後、天明、安政、元治の大火で類焼したが、都度再建され、現在の社殿は1918年に造営されたものです。

文子天満宮へのアクセス

京都駅から渉成園入口へと向かいます。
渉成園入口へはこちらからご確認下さい。
写真の渉成園入口をみて左にまがって約100メートル先の左手に文子天満宮があります。
渉成園6

文子天満宮入口です。
文子天満宮1

文子天満宮境内

入口には歴史ある牛の石像があります。
牛は天満宮において神使(祭神の使者)とされています。
文子天満宮7

入口には梅の家紋が見られます。
菅原道真公ゆかりの神社だとわかります。
占い教室もあるのですね、効果がすごそう!!
文子天満宮2

手水舎で身を清めます。
文子天満宮6

菅原道真公は学問の神様です。
天神信仰発祥の神社ですからすごい効果があるとおもいます!
私も学生時代に来ておけばよかった。。
文子天満宮3

手水舎の正面には文子像がありました。
賽銭をいれてしっかりおまいりしました!
文子天満宮5

文子殿です。
こちらは良縁成就のご利益があります!
天神信仰発祥の地で、合格⇒結果が結びつく⇒縁結びのパワースポットとしても強力だと思います。
縁結びをお願いされる方はこちらでしっかりお願いしておくと良いと思います。
文子天満宮4

菅原道真公の腰掛石です。
菅原道真公が太宰府へ左遷の際に立ち寄った際腰掛けられた腰掛石だそうです!
文子天満宮14

商売繁昌にもご利益があります!
文子天満宮16

おがたまの木で、相生(あいおい)の御神木です。
良い縁成就、夫婦円満のご利益があります。
木が神社全体を守っており、神社にいるだけですごいご利益がもらえます♪
文子天満宮8

成就絵馬がたくさんかかっていました。
東京大学、京都大学合格や、縁結びがかなったといった絵馬があり、学問の神様、縁結びの神様として文子天満宮は効果があると思いました。
文子天満宮15

お守りも良縁成就や学問に関するお守りがたくさん売られていました。
文子天満宮9

おみくじは、牛みくじ(500円)でした。
とっても可愛いですね♪
紙箱が用意されており、おみくじを引いたあとは持って帰ることができます♪
文子天満宮10

紅梅みくじもありました。
おみくじを引いたあとは傍らに置いておくとご利益があるそうですよ♪
文子天満宮11

とっても可愛い紅梅みくじ、ずっと傍らにおいておきたくなりますね♪
文子天満宮12

文子天満宮まとめ

文子天満宮相生(あいおい)の御神木が神社を守っている、強力なパワースポットでした。
北野天満宮の前身の神社で、天神信仰発祥の神社
ですので、是非訪れてみてください。
成就絵馬からも縁結びや学問成就にかなり効果がある
ようですので、ご利益を授かりに訪れてみてはいかがでしょうか♪

場所 京都府京都市下京区間之町
通花屋町下る天神町400
電話番号 075-361-0996
拝観料 無料
拝観時間 午前9時~午後6時
拝観日 無休
交通 JR京都駅から徒歩約11分

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする