東京都大田区池上 関東最古の五重塔があり、天気がよければ富士山も見える!池上本門寺(いけがみほんもんじ)

2014年12月7日に東京都大田区池上にある池上本門寺(いけがみほんもんじ)に行ってきました。
都営地下鉄浅草線西馬込駅から徒歩約15分、東急池上線池上駅から徒歩約10分のところにあります。
見所は戦災による消失を免れた貴重な五重塔が特に見所です!

スポンサーリンク

池上本門寺参拝開始

総門

池上本門寺入り口、総門の写真です。
寺社へ参詣する人が最初に通る門です。
総門は、戦災による消失を免れた建築物で、五重塔、大宝塔とともに大変貴重です。
池上本門寺1

加藤清正が築造寄進した此経難持坂

総門から此経難持坂(しきょうなんじざか)を見上げた風景です。
大変急勾配の坂で、気合をいれて上りました。
戦国時代の加藤清正が築造寄進したそうで、当時の原型を残す貴重な石段です。
池上本門寺2

仁王門

階段を上ると仁王門が見えてきます。
1945年の空襲で消失してしまったそうです。
消失前は伏見城の遺構と伝えられる、桃山時代らしい豪華な装飾が施されていたそうです。
池上本門寺3

大堂

大堂(祖師堂)です。
祖師堂の祖師は日蓮を指し、日蓮を祀ることから祖師堂ともいわれます。
こちらも空襲で消失しており、現在は鉄筋コンクリート造りで再建されたものになります。
池上本門寺4

経蔵

経蔵です。
こちら空襲を免れた貴重な建築物で、江戸中期の本格的かつ大型の経蔵になります。
池上本門寺5

現存する関東最古の五重塔

五重塔です。
関東に4基現存する幕末以前の五重塔のうち、池上本門寺が建立年が一番古い塔だそうです。
なお、関東に現存する4基は以下の通りとなっています。

名称 / 所在地 / 建立年
・池上本門寺 五重塔 / 東京都大田区池上 / 1607年
・法華経寺 五重塔 / 千葉県市川市中山 / 1622年
・旧寛永寺 五重塔 / 東京都台東区上野公園 / 1639年
・日光東照宮 五重塔 / 栃木県日光市山内 / 1818年

池上本門寺6

参拝後はお休み処へ

池上本門寺では駐車場の前に食事できる「お休み処」があります。
こちらは店内の写真です、夕方ということもあり人はまばらです。
池上本門寺7

メニューです、とても豊富な種類があるので悩みました。。
池上本門寺8

悩んだ末、きつねうどんにしました!
麺も程よい弾力があり、冷え切ったからだがぽかぽかになりました。
おいなりも1個100円で注文できるので2個注文しました!
池上本門寺9

天気がよければ富士山が見えます

池上本門寺から池上会館途中の風景です。
山の上からの眺めは最高で、天気がよければ写真のように富士山を見ることができます!
池上本門寺10

おわりに

池上本門寺にいってみて、とても静かで自然があり、昔の建築がたくさん残っていました。
またかつて伏見城の遺構があったり、加藤清正ゆかりのものが残っていたり歴史と感じました。
10月には約30万人が参加するお会式(えしき)という有名なお祭りもあります。
730年もの間行われてきた由緒ある行事で、是非来年は参加してみたいと思いました!

池上本門寺(いけがみほんもんじ)
場所 東京都大田区池上1-1-1
アクセス ・都営地下鉄浅草線西馬込駅から徒歩約15分
・東急池上線池上駅から徒歩約10分
駐車場 約100台無料
入山料 無料 境内自由
拝観料 300円 霊宝殿
開館時間 毎週日曜日。
拝観時間は10:00 ~ 16:00

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする